Pecorini  山本静さん


今回ご紹介する千葉の素敵な女性『みるえふさん』は、今夏からケータリングカーでお弁当販売をスタートした山本静さんです。

◆プロフィール
山本静
(やまもとしずか)さん。千葉生まれ、千葉育ちの26歳。
千葉県産のいも豚と新潟県産コシヒカリを使用した『焼き豚丼』をケータリングカー「Pecorini(ペコリーニ)号」で移動販売しています。


 


可愛いケータリングカーですね。 いつから移動販売を始めたのですか?
今年の3月にこの車を購入したのですが、東日本大震災が起きたりと、ちょっとバタバタしたりしたこともあって、販売を始めるきっかけを失っていました。でも、夏が近づいてきた時に「やっぱりやろう!」と思って、7月に千葉中央公園で開催されたイベントに出店したのがスタートです。

 

  そもそもケータリングカーでの販売をやろうと思ったきっかけは何ですか?
父の「車で販売する弁当屋をやってみろ」という一言がきっかけだったんです。

 

  え?お父さんの勧めだったんですか?
はい。私は将来、カフェ&ダイニングのお店を経営したいと思っているのですが、今はまだその時期じゃないと感じていて、今、自分にできる商売はないかなと悩んでいたんです。色々考えてみたのですが私ができそうなことって「手作りのお菓子をインターネットで販売する」ことぐらいで・・・。そこで父に相談したところ、ケータリングカーでお弁当販売するアイデアがでて、「それがいい!」ということになったんです。

 
いま、街にケータリングカーって増えてますよね。
ええ。父の意見をきっかけにケータリングカーでの販売をやろうと決めてからは、私も東京などを回って、色んなケータリングカーを見て回って自分の方向性を決めました。

 

豚丼をメインに販売してますが、販売する商品やメニューはご自身で考えたんですか?
それも父からアイデアをもらいました。ちょうどその相談をした時、実は父が北海道からお取り寄せした冷凍の豚丼だったのですが、そのタレの味が絶品だったんです。お肉料理って多少お肉が美味しくなくても、タレが美味しければいくらでも食べられちゃいますよね。そこで、美味しいタレを研究して作ったんです。もちろん、お肉やお米にもこだわっ美味しさを追求した結果、この豚丼ができあがりました。


   豚丼の評判はどうですか?
みんな「タレが病みつきになる」と褒めてくれますよ。「少しするとまた食べたくなる」って。狙いどおりでした(笑)


  ところで「Pecorini(ペコリーニ)」というお店の名前の由来は?
これも思いつきなんですが、私がとってもお腹が空いていた時に「お腹ぺこぺこペコリーニ」とつぶやいたんです。そこから「ペコリーニ」ってお店の名前にいいかなと思って名づけました。

 

  どこに行けばPecorini号に会えますか?
平日は稲毛や海浜幕張、市原などで販売をしています。また、週末はイベントに出店をしたりしています。まだアルバイトをしながらの販売ですが、もう少ししたら本格的に移動販売を頑張ろうと思っています。

 

   そしていずれはカフェ&ダイニングのお店をやるんですよね?
はい。こんなお店にしたいな~というイメージはたくさん浮かんでいます。一人一人に合わせたカップで飲み物を出すとか・・・。でも、まずはケータリングカーの販売を頑張って、大きな音楽フェスで販売することが目標です!

お話しありがとうございました。これからもがんばってくださいね!

 

 

 

 

 

【取材メモ】
写真撮影は千葉中央公園のイベントに出店している日にさせていただきました。暑いなか、お手伝いをして下さるお友達と笑顔で頑張っている様子がとても印象的でした。私も豚丼をいただきましたが、ヤミツキになる美味しさ!街でpecorini号を見かけたらぜひ声を掛けてみて下さいね!

▼Pecorini 山本静さんへのお問い合わせはこちらまでどうぞ
TEL:080-3309-9668  E-mail:pecorini.pecopeco@gmail.com 

Mille Fs(みるえふ)とは・・・ まなふさが名付けた「たくさんの千葉の素敵な女性たち」を意味する言葉です。
※この記事に関するご意見、ご感想、お問い合わせは「まなふさ事務局」まで。
※掲載の写真・文章等の無断転記を禁じます。 すべての著作権はまなふさ事務局(株式会社PLUS-Y)に帰属します。

 


みるえふ一覧

会員限定プレゼント

まなふさコラム