株式会社ボイスコーポレーション 代表取締役 阿部ひとみさん

今回ご紹介する千葉の素敵な女性を紹介する『みるえふ』は、株式会社ボイスコーポレーション代表の阿部ひとみさんです。
会社立ち上げるに至った経緯やこれから起業したい人に向けてのアドバイスなどをお伺いしてきました。(※本記事はCHIBA女性起業フェスタ2014とのコラボ企画です)

【プロフィール】

阿部 ひとみ(あべひとみ)さん
千葉県旭市出身。イベントや式典、結婚式の司会から、社員研修や講師・アーティストの派遣に加え、レストラン経営までと幅広い事業を行うボイスコーポレーション。「ことば」を通して人に『感動』を伝え、届けたいと日夜頑張っている女性社長です。 >>株式会社ボイスコーポレーション


阿部さんが起業するまでの経緯を教えてください。
短大を卒業後、ラジオのパーソナリティや交通情報のアナウンサー、テレビで司会などを務めました。そうしているうちにとある方に「千葉は今後、大きく変化する」と言われ、千葉を拠点に仕事をすることを決めました。その後、成田空港の近くにホテルが出来るという情報を得たので建設現場に何度も通いつめたところ、現場監督に気に入ってもらい、ホテルの担当の方をご紹介いただいてお仕事をいただけることになりました。ところが、法人でなければ契約ができないということだったので急遽会社を作ることになり、平成5年にボイスコーポレーションを立ち上げたのがスタートです。

会社を設立して20年になるんですね。
はい。現在は70名のスタッフを抱えていて、TV・ラジオ・インターネット等の放送メディアへの出演や各種イベントでの司会、研修の講師などの場でそれぞれ活躍をしています。
ちなみに、会社を立ち上げるきっかけとなった成田のホテルとは、その後もずっとお付き合いがあって、ホテルの成長を微力ながら応援をしてきました。例えば、地元の有力者の方とその奥様のお誕生日を調べてホテルに伝え、お祝いを贈ったりなどしましたね。ちなみに、いつもバッグに筆ペンとハガキを入れて持ち歩いていて、時間がある時にお礼状を書けるようにしていますよ。

そういった女性ならではの心配りが、お客様からの信頼につながって会社が発展しているんでしょうね。ところで阿部さんが「起業して良かった」と思う時はどんな時ですか?
先日、うちのスタッフが「今、この仕事をさせてもらって本当に幸せです!」と私に言ってくれたんです。そんな声を聞くと、仕事してきて良かったな、と心から思います。社員やスタッフが幸せでいることが、私の幸せにもつながっています。

でも、お仕事していると辛いことってありませんか?そんな時はどうしているんですか?
以前は辛いことがあると、『おこもり堂』と呼ぶ真っ暗なクローゼットの中でお香を焚いて、籠って泣いていることもありました(笑)。そして、心のシャッターを閉めることで嫌なことを忘れるようにしていました。でも、最近は嫌なことがあっても、気持ちを切り替えることが出来るようになりました。反省すべきことはきちんとして、内観してから忘れて次に進むようになれましたね。そうすることで、嫌なことが無い生活になってきています。

それでは、今後はどんなことに力を入れていく予定ですか?
会社を成長させていくことはもちろんですが、後継者の育成も課題だと思っています。今の事業を引き継いで発展させていく人材を育てていきたいと思っています。

最後に、これから起業を目指す方にアドバイスをお願いします。
経営者は二面性を持つことが重要だと思います。楽観的に考えて行動する部分も持ちつつ、慎重に物事を考えることも必要です。あと、自分一人で出来ることは限られているので、従業員に信頼して任せることも大切です。そのための仕組みをきちんと作るようにすると起業してもうまくいくと思います。

ありがとうございました。


【取材メモ】

起業してから周囲に相談が出来る同世代の女性の経営者がいなかった、という阿部さん。いま、先輩女性社長として、後に続く女性の経営者の仲間作りや起業の相談にも気軽に応じてくださっています。
(写真は起業相談会の時の様子)

人前に立つお仕事をしているだけあって、健康や体調の管理には人一倍気を使っているとのことでした。

取材日:2013年10月4日


Mille Fs(みるえふ)とは・・・ まなふさが名付けた「たくさんの千葉の素敵な女性たち」を意味する言葉です。 
※この記事に関するご意見、ご感想、お問い合わせは「まなふさ事務局」まで。
※掲載の写真・文章等の無断転記を禁じます。 すべての著作権はまなふさ事務局(株式会社PLUS-Y)に帰属します
 

 

 


みるえふ一覧

会員限定プレゼント

まなふさコラム